元回線営業マンが教える光回線(インターネット回線)のおすすめ

インターネット

一昔前はインターネットと言えばフレッツ光だけでしたが、KDDIのauひかりやケーブルテレビ、高速通信が売りのNURO光、さらにNTTが光コラボレーションサービスを開始して、ユーザーは数多くの光回線から自分に合った光回線を上手に選ばないと損をしてしまう時代になりました。

ここでは元回線営業マンが忖度なしにおすすめできる光回線をタイプ別に紹介していきます。

このページでは、総額表示の義務付けにより、料金(価格)は全て税込での表記になっております。

この記事の信頼性について
光回線の営業歴10年以上の元営業マンが記事の執筆・監修を行っております。

光回線を選ぶ押さえておきたいポイントは?

自宅でインターネットをするなら光回線が主流です。

数多くの光回線から自分に合った光回線を選ぶのはどうすればいいのでしょうか?

ネットで検索すると光回線の選び方のポイントはインターネットで何をするかが重要という意見を多く見ます。

確かにそれも重要ですが、現在の光回線ならある程度の条件を満たしていれば、どの光回線を選んでもストレスなく利用出来てしまいます。

でも、SNSでは〇〇の光回線は遅いとかいろいろな意見があるよ?

確かにそのとおり!
そこでネットを快適に使うための光回線の選び方のポイントがIPv6って規格なんだ!

光回線により呼び方が違いますが、インターネットを快適に使うのであればIPv6+IPoE接続が利用可能な光回線を選ぶ事です。

IPv6+IPoE接続はインターネットに接続する方法の1つですが、この方法でインターネットに接続するとプロバイダの混雑するポイントを避けてネットに接続する事が出来るので、通信速度が低下しにくいといわれています。

月額料金がいくら安くても、キャンペーンがどれだけ充実していてもネットが快適に利用出来無いのであればストレスが溜まりインターネットを楽しむことはできません。

自分に合った光回線を選ぶためにも、最低限IPv6+IPoE接続が出来る光回線を選ぶ事は必須と言えます。

IPv6+IPoE接続については別のページで詳しく解説していくね。

IPv6+IPoE接続には複数の規格がありますが、通常の利用ならどの規格でも問題はありませんのであまり気にする必要はありません。

高速なインターネットが使いたいならNURO光

速いインターネットが使いたいならNURO光がおすすめです。

光回線の通信速度は上り下りともに1Gbps(ベストエフォート)が主流です。

一番の理由はauやNURO光等の自社で設備を用意している光回線を除き光コラボレーションと呼ばれる光回線はすべてNTTの光ファイバーを利用しているためです。

その為光コラボレーションの場合フレッツ光と同様の上り下り1Gbpsとなっています。

しかし、NURO光は独自の通信網を利用しているため下りの速度が2Gbpsとなっており、他の光回線の2倍の最大速度となっています。

通信速度が速い光回線を使いたいという事ならNURO光がオススメになります。

NURO光のスペックは次の通りです。

上り1Gbps
下り 2Gbps
IPv6接続 標準対応
月額料金(戸建て) 5,200円~7,836円
月額料金(マンション) 2,090円~2,750円
事務手数料3,300円
工事費44,000円(実質無料)
キャンペーンキャッシュバック45,000円

NURO光は通常のプランで上り1Gbps、下り2Gbpsと光回線の中では最速です。

IPv6にも標準で対応しているため、ネットの利用も快適です。

ネットの回線速度を共有するサイト(みんなのネット回線速度)でもNURO光は常に上位にランクインしています。

また、NURO光は通信速度が速いだけではなく、月額料金も低価格です。

月額料金は戸建ての場合は、契約年数とセキュリティソフトの有無の違いになります。

おすすめはセキュリティの付かない3年契約のNURO光G2Tプランで、セキュリティソフトは別に量販店やネットで購入するのがおすすめです。

下り2Gbpsを月額5,200円で利用出来るNURO光は通信速度にこだわる人に一番おすすめの光回線です。

一部の地域では5Gbpsや10Gbpsの超高速サービスも始まっていますが、その速度に対応したルーターやLANカードなどの周辺機器が数少なく高価なことから、おすすめできないのが現状だよ

すべての契約者に45,000円キャッシュバック

NURO光公式サイトへ

特設サイトからの申し込みでキャッシュバック2,000円増額!

光回線を安く使いたいならenひかり or excite MEC光

光回線を使いたいけれど毎月の料金が高いのは嫌、出来るだけ安い光回線を使いたいという方におすすめなのがenひかりです。

enひかりはNTTの光ファイバーを利用した光コラボレーションの為、通信品質はフレッツ光と同等で料金は光回線の中で最も低価格となっています。

enひかりのスペックは次の通りです。

上り1Gbps
下り1Gbps
IPv6接続 オプション(月額198円)
月額料金(戸建て) 4,620円
月額料金(マンション) 3,520円
事務手数料2,200円
工事費2,200円~16,500円
キャンペーンv6プラス対応無線LANルーターを特別価格(1,100円)で販売

IPv6がオプション契約となりますが、オプションに加入しても戸建てプラン月額4,818円、マンションプラン3,718円光回線最安になります。

光回線を安く使いたいなら、とりあえずオプションのv6は契約しないでIPv4のまま使ってみて、やっぱり遅くてストレスを感じるなら後からオプションを付けるのもおすすめ!

ただし、注意いないといけないのがenひかりは工事費が有料な点です。

フレッツ光や他の光コラボレーションを利用中の方なら工事は不要となっており、初期費用は2,200円で済みます。

しかし、新規の場合やauひかり等からの乗り換えの場合には工事費が最大で16,500円かかってしまいます。

光回線最安!

enひかり公式サイトへ

enひかりについて詳しく知りたい人は【安いと噂のenひかりを解説】を参考にしてね

新規契約ならexcite MEC光がおすすめ

新規の場合におすすめなのがexcite MEC光です。

excite MEC光はキャンペーン期間中であれば、基本工事費が無料のキャンペーンを行っているのに加え、月額料金の割引などのキャンペーンも行っていますので、光回線を新規で契約する方にとっては初期費用を抑えられ、月額料金もenひかりよりもわずかに高い金額で利用出来ます。

excite MEC光のスペックは次の通りです。

上り1Gbps
下り1Gbps
IPv6接続 標準
月額料金(戸建て)4,950円
月額料金(マンション)3,850円
事務手数料3,300円
工事費16,500円~19,800円(キャンペーン期間中につき無料
キャンペーンキャンペーンにつき次の金額が期間中(12カ月間)割引となります。
新規契約(ファミリー)330円/月割引
新規契約(マンション)220円/月割引 
転用・事業者変更(ファミリー)880円/月割引
転用・事業者変更(マンション)880円/月割引

月額料金もキャンペーンで割引となるので1年間は光回線最安となります。

ただしキャンペーンはいつ終了してしまうかわかりませんので、安い光回線を検討中の方は早目の申し込みがおすすめです。

フレッツ光や光コラボレーションからの乗り換えならenひかり新規契約ならexcite MEC光がおすすめの光回線と言えます。

基本工事費無料!

excite MEC光公式サイトへ

さらに月額料金割引中!

excite MEC光について詳しく知りたい人は【excite MEC光は【新規契約最安値】】を参考にしてね

契約時の特典を重視したいならauひかり

光回線を契約する際に気になるのが、プロバイダや販売代理店が行うキャンペーンではないでしょうか。

どうせ光回線を契約するなら、月額料金が多少高くてもキャッシュバックや割引、プレゼント等の特典を重視したいという人ならauひかりがおすすめです。

auひかりは通信速度も速いと評判ですが、それ以上に新規契約時の特典が充実しています。

auひかりのスペックは次の通りです。

上り1Gbps
下り1Gbps
IPv6接続 標準
月額料金(戸建て)5,610円~6,930円
月額料金(マンション) 3,740円~4,730円
事務手数料3,300円
工事費マンション33,000円
戸建41,250円
キャンペーン期間中につき無料
キャンペーンマンション 最大102,000円キャッシュバック
戸建 最大107,000円キャッシュバック

月額料金は戸建ての場合契約年数により異なりますが、一番低価格の5,610円の3年契約がおすすめです。

またマンションプランは建物によりプランが決まってしまいますので、ユーザーが選ぶことはできません。

auひかりの注目点でもあるキャンペーンです。

auひかりのキャンペーンは工事費(最大41,250円)が実質無料なのに加え、販売代理店・プロバイダ・KDDI公式の3社からキャッシュバックを受け取ることが出来ます。

キャッシュバックの内訳は次のようになっています。

auひかりのKDDI公式キャンペーン

auひかりホームauひかりマンション
他社解約違約金最大30,000円最大30,000円
上乗せキャッシュバック一律25,000円一律15,000円

KDDI公式キャンペーンは初めてインターネットを利用する人は適用外となり、適用になるのは現在au以外の回線でインターネットを利用している人が対象となります。

他社解約違約金は利用中のネットの解約にかかる費用(違約金や工事費残額など)で実際に支払う費用が対象となります。

上乗せキャンペーンは他社解約違約金が発生した場合に無条件でホームの場合25,000円、マンションの場合15,000円が解約にかかった費用とは別に支払われます。

KDDI系列のインターネット(UQ WIMAX等)は対象外だから注意してね

auひかりのプロバイダキャンペーン

キャッシュバックのみキャッシュバック+Wi-Fiルーター
auひかりホーム25,000円(@nifty)20,000円(@nifty)
auひかりマンション20,000円(@nifty)10,000円(@nifty)

auひかりは複数の中から自分の好きなプロバイダを選ぶことが出来ますが、このプロバイダからもらうことが出来るのがプロバイダキャンペーンです。

キャッシュバック額はプロバイダにより異なりますが、中でも@niftyはキャッシュバックが戸建て25,000円、マンション20,000円と高額のためおすすめのプロバイダです。

auひかりの代理店キャンペーン

auひかりは多くの販売代理店がありますが、auひかりを契約する際に一番の注意点がどの販売代理店で契約するかです。

代理店ってどこも一緒じゃないの?

実はキャッシュバックの内容が大きく違うから代理店選びが重要になってくるよ。

販売代理店の中には非常に高額なキャッシュバックを設定している販売代理店がありますが、この場合の多くは不要なオプション契約が必要で、ほとんどの場合キャッシュバックを満額受け取ることはできません。

仮に満額キャッシュバックを受けられたとしても、たくさんのオプション契約で毎月の料金が高額になってしまう事になってしまいます。

その為auひかりの契約で一番のポイントとなるのが販売代理店選びです。

でも、販売代理店が多くてどこで申し込めばいいのかよくわからないな・・・

販売代理店の選び方は多すぎないキャッシュバック額キャッシュバックの支払い時期、それと最も大事なのが実績のある代理店だね。

元回線営業マンがおすすめするのが、auひかり正規代理店のNNコミュニケーションズです。

キャッシュバックは一見それほど高額ではありませんが、オプション不要(電話は必要)で支払いは最短翌月末日と速く、KDDIから優良代理店で毎年表彰されています。

キャッシュバックの支払い率もほぼ100%と安心してauひかりを契約することが出来ます。

NNコミュニケーションズのキャンペーンは次の通りです。

ネット+電話ネットのみ
auひかりホーム27,000円20,000円
auひかりマンション37,000円30,000円

キャッシュバック額は「ネットのみ」と「ネット+電話」で異なりますが、auひかりの特徴でもあるスマートバリューの適用には固定電話の契約も必要なので、多くの方が戸建てで27,000円マンションで37,000円のキャッシュバックを受け取ることが出来ます。

キャッシュバック合計金額は光回線最大

KDDI公式キャンペーン、プロバイダキャンペーン、販売代理店キャンペーンさらに工事費無料キャンペーンをすべて足すと、戸建ての場合で最大148,250円(工事費無料分込み)マンションで最大135,000円 (工事費無料分込み) のキャンペーンとなります。

結局、NNコミュニケーションズで申し込むと受け取れるキャッシュバックはどれくらいなの?

新規契約の場合はネット+電話の加入で52,000円ネットのみで45,000円だよ!

キャンペーンが充実!

auひかり公式サイトへ

auひかり正規代理店のNNコミュニケーションズなら安心・安全

ドコモ、au、ソフトバンク の通常プランの方はスマホに合わせる

ドコモ、au、ソフトバンクのスマホをお使いの方が光回線をお探しなら光回線はご利用中の携帯電話会社と合わせるのがおすすめです。

理由は光回線とスマホをセットにすることでスマホの月額料金が安くなるサービスが適用になるからです。

ドコモ光auひかりNURO光
上り1Gbps1Gbps 1Gbps
下り1Gbps1Gbps 2Gbps
IPv6接続プロバイダによる標準標準
月額料金(戸建)5,720円5,610円~6,930円 5,200円~7,836円
月額料金(マンション)4,400円3,740円~4,730円2,090円~2,750円
事務手数料3,300円3,300円3,300円
工事費2,200円~16,500円
(キャンペーン中につき無料)
33,000円~41,250円
(キャンペーン中につき無料)
44,000円
(キャンペーン中につき無料)
キャンペーン プロバイダキャンペーン20,000円
キャッシュバック
他社違約金20,000円キャッシュバック
(GMOとくとくBB・@nifty)
マンション 最大102,000円キャッシュバック
戸建 最大107,000円キャッシュバック
キャッシュバック45,000円
セット割ドコモ光セット割auスマートバリューおうち割光セット

ドコモ光セット割(docomo×ドコモ光)

ドコモのスマホユーザーがドコモ光を利用することで割引になるサービスがドコモ光セット割です。

セット割が適用になることで、スマホのプランにより次の金額が契約期間中永年割引になります。

料金プラン「ドコモ光」定額プランを契約の場合「ドコモ光」の2段階定額プランを契約の場合
5Gギガホプレミア / 5Gギガホ
ギガホプレミア / ギガホ
永年ー1,100円永年-550円
5Gギガライト / ギガライト【ステップ4:~7GB】永年ー1,100円 永年-550円
5Gギガライト / ギガライト【ステップ3:~5GB】 永年ー1,100円 永年-550円
5Gギガライト / ギガライト【ステップ2:~3GB】 永年-550円 永年-220円
5Gギガライト / ギガライト【ステップ1:~1GB】 割り引き対象外割り引き対象外

割引の対象になるのは、同居の家族または離れて暮らす家族で、ドコモのファミリー割引グループの回線が対象となります。(最大20回線)

家族4人でスマホのプランがギガホを利用している家庭の場合、ドコモ光を利用することで1,100円×4人=4,400円 毎月4,400円の通信費を節約することが出来ます。

ドコモユーザーならドコモ光がお得!

ドコモ光公式サイトへ

auスマートバリュー(au×auひかりまたは対象の光回線)

auのスマホユーザーがauひかりまたは、対象の光回線を利用することで割引になるサービスがauスマートバリューです。

auスマートバリューが適用になることで、スマホのプランにより次の金額が契約期間中永年割引になります。

料金プラン割引額
使い放題MAX 5G
使い放題MAX 4G
永年ー1,100円
ピタットプラン 5G 【1GB超~7GBまで】
ピタットプラン 4G LTE 【1GB超~7GBまで】
永年-550円
ピタットプラン 5G 【1GBまで】
ピタットプラン 4G LTE 【1GBまで】
割り引き対象外

※Nneflixパック・テレビパック・wiht Amazonプライムプランも対象となります。

スマートバリューの適用条件は、auスマホの契約者またはその家族がauひかりもしくは対象となる光回線のネットサービスと電話サービスに加入することが条件となります。

割引の対象になるのは、同居の家族または離れて暮らす50歳以上の家族が割引の対象となります。

スマートバリューの適用対象となる光回線は【So-net光プラスコミュファ光eo光PikaraメガエッグBBIQひかりJ 及び一部ケーブルテレビ】が対象となります。

auスマホならauひかりがおすすめ!

auひかり公式サイトへ

ソフトバンクおうち割光セット (au×auひかりまたはNURO光等)

ソフトバンクのスマホユーザーがソフトバンク光または、NURO光を利用することで割引になるサービスがソフトバンクおうち割光セットです。

ソフトバンクおうち割光セッ が適用になることで、スマホのプランにより次の金額が契約期間中永年割引になります。

料金プラン割引額
データプランメリハリ無制限
データプランミニフィット+
永年ー1,100円

※2021年10月の時点でソフトバンクの新規加入プランはデータプランメリハリ無制限、データプランミニフィット+のみとなっています。

ソフトバンクおうち割光セットの適用条件は光回線により異なりますが、ここでおすすめするNURO光の場合はネットと電話の契約が必須となります。

割引の対象となるのが契約者と同居の家族と離れて暮らす家族はもちろんですが、契約者と同一の住所であれば家族ではなくても割引の対象となります。

ソフトバンクのスマホならソフトバンク光のほうが良いんじゃないの?

割引の条件が一緒なら、月額料金が安いNURO光のほうがお得なんだよ!

ソフトバンクの場合、NURO光でもソフトバンクおうち割光セットの対象となるため月額料金がより安いNURO光のほうがおすすめです。

NUROひかりは地域によっては利用できないエリアがあります。

その場合には日本全国で利用出来るソフトバンク光がおすすめの光回線になります。

ソフトバンクおうち割光セットならNURO光がおすすめ

NURO光公式サイトへ

楽天モバイルユーザーなら楽天ひかり

お使いのスマホが楽天モバイルなら、楽天ひかりがおすすめの光回線です。

楽天ひかりは楽天モバイルユーザーに対するキャンペーンで、楽天モバイルユーザーが光回線を契約した場合、もしくは同時に楽天ひかりと楽天モバイルを契約した場合、楽天ひかりの月額料金が1年間限定で無料となります。

楽天ひかりのスペックは次の通りです。

上り1Gbps
下り1Gbps
IPv6接続 標準
月額料金(戸建て)5,280円
月額料金(マンション) 4,180円
事務手数料0円
工事費マンション2,200円~16,500円(36回分割)
戸建2,200円~19,800円 (36回分割)
キャンペーン1年間月額料金無料(楽天モバイルとセットが条件)

楽天ひかりの月額料金が1年間無料となるので、戸建てプランが実質63,360円、マンションが実質50,160円お得に光回線を使えることになります。

ただし、新規契約の場合工事費は別途支払わなければなりません。

すべて36回の分割払いの設定になっていますので、戸建ての場合で毎月61円~550円、マンションが毎月61円~458円が工事内容により請求となります。

無料の期間が終わっても戸建て5,280円、マンション4,180円は光コラボの中でも低価格だからお得だね!

光回線が1年間無料!!

楽天ひかり公式サイトへ

Rakuten UN-LIMITとセットがお得!

ahamo・LINEMO・povoユーザーなら格安光回線

お使いのスマホがオンライン専用プラン【ahamo】【povo】【LINEMO】の場合は、月額料金で選ぶならenひかりやexcite MEC光がおすすめです。

オンライン専用プランは光回線とのセット割は適用外となります

ドコモ光・auひかり・ソフトバンク光は光回線の中でもそれほど安い光回線ではありません。

セット割引の対象外ならば、高額な光回線を利用するよりもenひかりやexcite MEC光のような低価格な光回線を利用したほうが通信費の節約になりお得です。

オンライン専用プランをお使いの方は光回線とのセットにこだわらず、料金の安いenひかりやexcite MEC光がおすすめの光回線となります。

特にahamoをを利用中の方がenひかりを契約した場合、enひかりの月額料金が毎月100円割引になる「勝手に割り」の対象となるので、低価格なenひかりをさらに安く利用出来ます。

工事とか面倒!すぐにネットが使いたいならhome 5G

光回線の工事は早くても1ヶ月、繁忙期には3か月待ちということもあります。

工事までそんなに待てないという方におすすめなのが、ドコモホームルーター【home 5G】です。

【home 5G】は携帯電話の電波を利用してインターネットに接続するサービスで、4G回線はもちろん5G回線にも対応しています。

home 5Gのスペックは次の通りです。

通信速度(4G)1.7Gbps
通信速度(5G)4.2Gbps
月額料金4,950円
契約事務手数料 3,300円
本体代金 39,600円 月額サポート中につき実質無料
キャンペーン15,000円キャッシュバック

通信速度も5Gの利用で光回線を超える速度となっています。

また月額料金も光回線の中でも低価格なenひかりと同等の金額となります。

これだけ早いならもう光回線は必要ないんじゃない?

そう思っちゃうよね!でもhome 5Gの弱点はデータ通信が電波という事!
残念だけど光回線に比べ不安定なんだよ。

スペックだけ見てしまうと、他の光回線よりも高速通信が出来て月額料金も安く、わざわざ工事のある光回線を選ぶ意味が無くなってしまいます。

しかしhome 5Gはデータ通信に携帯電話の電波を利用しているため、実際の通信速度は光回線に劣ってる場合が多いです。

オンラインゲームをストレスなく利用しようと思うならばhome 5Gよりも光回線のほうがおすすめです。

とはいえ、以前からあったホームルーターからすると通信速度も向上しているので、すぐにインターネットをそれなりの速度で使いたい(オンラインゲーム等はしない)場合には、おすすめの回線と言えます。

5G対応のホームルーターで快適インターネット

home 5G公式サイトへ

15,000円キャッシュバック実施中

乗り換えたいけれど解約にお金がかかるからとあきらめている人

光回線をもっと安いところに乗り換えたい、もっと高速な光回線にしたい、でも今使っている回線の工事費や違約金を考えると乗り換えできないという方におすすめなのがソフトバンク光です。

ソフトバンク光のスペックは次の通りです。

上り1Gbps
下り1Gbps
IPv6接続 BBユニットのレンタルが必要(月額550円)
月額料金(戸建て)5,720円
月額料金(マンション)4,180円
事務手数料3,300円
工事費2,200円~26,400円(キャンペーン期間中につき他社乗り換えは無料
新規契約の場合10,000円キャッシュバック)
キャンペーンキャッシュバック最大37,000円
新規契約ならさらに10,000円キャッシュバック

ソフトバンク光はキャンペーンで今お使い回線の解約にかかる費用を最大10万円までキャッシュバックしてくれます。

auひかりの「ホーム1ギガずっとギガ得プラン」を例にすると仮に12か月後に解約した場合にかかる費用は契約解除料が16,500円、工事費残額が28,272円、回線撤去費用が31,680円の合計76,452円を解約時に支払わなければなりません。

しかしソフトバンク光に乗り換えるならば必要書類の提出で後日全額キャッシュバックされます。

さらに他社からの乗り換えであれば工事費も無料となりますので乗り換えでかかる費用はほとんどありません。

解約時にかかる費用が気になって解約が出来ないという方におすすめなのがソフトバンク光です。

違約金最大10万円まで補填!

ソフトバンク光公式サイトへ

他の光回線からの乗り換えも安心!

まとめ

おすすめの光回線はユーザーの利用環境や何をポイントにするかで変わってきますので、一概にこれがおすすめと言うことが出来ません。

利用する人が光回線のどの部分にメリットを感じるかでどの光回線を選択するかになります。

ただし光回線を選ぶ際に注意したいのは、キャンペーンを重視して光回線を選ぶ場合です。

たとえ10万円のキャッシュバックがあっても、その分毎月の料金が高額だと利用期間のコストはキャッシュバックの分を超えてユーザーの負担となってしまう場合があります。

特にauひかりなどの場合ネット上には多くの販売代理店があり、信じられないような高額キャッシュバックを設定している代理店もあります。

光回線の契約は実績のあるサイトからの申し込みをおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました